ocn au 比較

OCNフレッツ光からauひかり回線に乗り換える前に比較してみる

OCNフレッツ光からauひかり回線に乗り換える前に比較してみる

 

OCNプロバイダーでフレッツ光に契約しているときに、auひかり回線に実際に乗り換えするかどうかは迷いどころですね。

 

プロバイダー会社をただ単に変更するのとは違って、「フレッツ光(コラボレーションと今はいいます)」という光回線から、「auひかり」という光回線に回線ごと変更するわけです。

 

当然、回線の工事作業も必要になってきますし、OCNだけではなくフレッツ光も解約手続きする必要が出てきます。

 

 

OCNやフレッツ光の自動更新契約サービス

 

OCNやフレッツ光のサービスには「2年割り」などの2年間の自動更新契約サービスが付いていて、更新月以外のタイミングでauひかりに乗り換えると違約金などが発生してしまいます。

 

OCN光・解約時の違約金

 

この違約金というのは「OCN光 with フレッツ」では5,000円だそうです。

 

OCNが提供している「2年割り」プランでの違約金は、ファミリー向け(一戸建て)が2,400円マンション(集合住宅)なら1,200円ということらしいですね。

 

なので、OCN光の解約自体にかかる費用は1万円かからず、といったところでしょう。

 

NTTフレッツ東日本「にねん割り」の場合

 

NTTフレッツ東日本提供の「にねん割り」の場合にはファミリータイプが9,500円マンションタイプが1,500円・・ということです。

 

なので、更新月以外の途中解約にはOCNと合計で2万円近くかかる場合が出てくるのは覚悟した方がいいかもです。

 

キャッシュバックのキャンペーンで違約金を相殺できる?

 

ただし、auひかり開通のサービス会社ではキャッシュバックのキャンペーンを随時行っている場合もあるのですね。

 

それで、20,000円〜30,000円くらいのキャッシュバックがもしあれば、解約負担金と充分相殺されて申込しやすいかもしれません。

 

 

OCNフレッツ光とau光のプラン比較

 

それも踏まえて、OCNフレッツ光プランとau光プランとを少し比較してみます。

 

光回線ごとエーユーにいちいち変えるのも面倒ですし、よっぽどのメリットがないと乗り換える気にはなれないですからね。

 

まずは毎月かかる月額料金の方です。

 

OCN光の料金プラン

 

OCN光の方は、戸建て向けの「OCN光ファミリー」では5,100円ほど、集合住宅向けの「OCN光マンション」では3,600円くらいみたいです。

 

 

 

au光の料金プラン

 

一方、au光の方は、戸建て向けの「ずっとギガ得プラン」では5,100円ほど、集合住宅向けの「マンションプラン」では3,800円くらいだそうです。

 

なので、この通常料金で比較するのなら、ほとんど変わらないか、マンションやアパートなどで単身の一人暮らしで使うOCN光の方が、やや得といえます。

 

auひかりは安いと言われる理由?

 

よく「auひかりは安い」という声も聞きますし、実際にはすごく格安料金で利用できたりすることもあるそうですね。

 

キャンペーンなどのキャッシュバックとか、何かのプランでの月額割引とか、あとはauのスマートフォンなど携帯端末を使用している場合などです。

 

auスマートバリュー

 

特にエーユースマホのセットプランである「auスマートバリュー」というのは、一人あたり毎月割引があったりするようなので、申込する家族の人数とかによってはかなりお得になるかもしれません。

 

私もOCNからau光に乗り換えるのを検討していたときに、au携帯と契約していることも大きなメリットになりましたね。

 

 

料金以外での比較(OCNフレッツ光とauひかり)

 

料金以外での比較でいえば、OCN光(フレッツひかり)もauひかりも最大1Gbpsの速度なので、だいたいサクサクつながります。

 

IPアドレスの比較

 

固定IPではないのがOCNで、定期的にコロコロと自分のIPが変わってたりしますね。

 

auひかりは固定らしいのですが、特にIPアドレスが変わるから何か問題ということもないです。

 

電話番号・メールアドレス

 

電話番号の件は、NTTの加入権がある番号であるケースならauに乗り換えても変わらないそうです。

 

メールアドレスは基本的に変更になりますが、どうしてもOCNのプロバイダーメールが必要なら、メールだけ月額250円くらいのプランで残して使うこともできます。

 

対応エリアの比較

 

あとは重要な比較ポイントとして、「対応エリア」がありました。

 

OCN(フレッツひかり)の場合

 

OCN(というよりフレッツひかり)は全国で対応している地域が9割以上とのことなので、ほとんどのエリアで契約できます。

 

さすがにNTT系ですし、全国区のプロバイダー会社ですね。

 

auひかりの場合

 

auひかりの方は対応エリアが問題になることも意外に多く、対応可なのはせいぜい7割くらいだそうです。

 

関東・東日本エリアならだいたいは申込できそうですが、関西の一部エリアなどは対応外になっているところもあったりします。

 

auひかりのサイトとかで対応エリアは確認してみることもできます。

 

auに対応しているかどうか確認できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top